プロデューサー・ディレクター太田慎一のプロフィール

 

1986年。コンピュータ会社に入社。のちに日本ソフトバンク(現ソフトバンク)パソコン雑誌の編集と取材、記事執筆などの業務に携わる。コンピュータと映像の融合を模索する。
1990年当時のメディアとコンピュータに関するエッセイ

1992年〜1998年、フリーランスのディレクターとしてNHKおよび民放の番組やVPを作る。専門はコンピュータなど科学技術関係と、韓国・朝鮮・関係。
映像業界転身の直接のきっかけは会社員時代に休日を利用し制作していたビデオが以下のコンテストで評価されたため。

 ・1992年度ぴあフィルムフェスティバル「OGATAを捜す'92」 
 
 ・1992年度ビクター主催・東京ビデオフェスティバル大賞「韓国へ行った」
(関連記事)
 1996年11月には「韓国へ行った」がRKB毎日放送の木村栄文氏によりJNN系列で「韓国へ行った 太田慎一の世界」として太田慎一のインタビューなどと併せて放送された。
 1996年9月には韓国国営放送KBSの看板ドキュメンタリー「日曜スペシャル」で日本人ディレクターとして初めて韓国の番組を作る。
1998年。プロダクションIAW(アイエーダブル)を設立。放送局各局や企業からの制作委託をはじめる。